管理栄養士受験対策講座39年の実績

【教育】行動変容技法_ナッジ

2019年度管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)改定において、
行動変容技法の出題項目に「ナッジ」が追加されました。

まずは行動変容技法を学習する目的を確認しましょう。

行動変容技法を活用し、

・悪い行動を良い行動に変える
・良い行動が起こるようにする
・悪い行動が起こらないようにする

ことで、対象者の健康状態を維持・改善していきます。

行動の変容を促すためには様々な技法がありますが
その中から今回は「ナッジ」を学んでいきましょう。

 

■ ナッジとは

望ましい行動へと促す仕組みや手法を指します。

 

■ 具体例

社員食堂において、社員の健康維持のため、様々なメニューの中から「ヘルシー定食」を選択させたいとします。

その際、ヘルシー定食のみに「おすすめ」と表示しておくと、

“特に食べたいものもないし、おすすめメニューでも食べておくか”

となるはずです。

このように、ヘルシー定食を選択すること(望ましい行動)を促すため、
おすすめの表示をする(行動しやすい仕組みをつくる)ことを「ナッジ」といいます。

 

ナッジ_20190418

第34回管理栄養士国家試験対策_資料請求

第34回管理栄養士国家試験対策_資料請求
  • Facebook
  • Twitter