管理栄養士受験対策講座39年の実績

【教育】栄養教育の評価

今回は、栄養教育論から「評価」について勉強します。

 

栄養教育プログラムを実施する際、“やりっぱなし”はいけません。

そこで“評価”がとても重要となります。

プログラムの各段階において、適切な評価を行っていく必要があります。

 

それでは、各評価について、

時系列に並べ変え、物語をつくりながら確認していきましょう。

 

評価_20151104

 

企画評価:プログラムをはじめる前の計画段階の評価

目標設定・学習内容・指導者研修等、事前の準備はOK?

経過評価:プログラムの実施段階に関する評価

プログラムが順調に行われている?

影響評価:プログラムを実施したことによる影響の評価

具体的な行動に結びついた?

結果評価:プログラム実施後の最終結果の評価

行動や環境が変わったことで、健康状態やQOLに変化がみられた?

 

これらに加え「経済評価」、
さらには様々な評価をトータルで考える「総合評価」があります。

 

栄養教育を実施するためにはお金がかかります。
莫大なお金をかけたにもかかわらず、効果がちょっぴり…
なんてことではいけません。

お金の評価である「経済評価」も、しっかりと行いたいものです。

 

これら「企画評価」「経過評価」「影響評価」「結果評価」「経済評価」を

トータルでみたものが「総合評価」となります。

 

「総合評価」が高くなる影響教育プログラムの実施が求められますね!

 

第34回管理栄養士国家試験対策_速修コース

第34回管理栄養士国家試験対策_速修コース

Monthly(月ごとに見る)

  • Facebook
  • Twitter