【人体】消化管ホルモン

今回は、人体から「消化管ホルモン」についてお話します。

多くの方が苦手とするホルモンですが、覚える時のポイントは2つあります。

  • どの臓器から分泌されているのか
  • どのような働きがあるのか

以上に注目して、各消化管ホルモンの働きを確認していきましょう。

 

■ガストリン

分泌場所:胃のG細胞
働き:胃酸分泌促進

 

■セクレチン

分泌場所:小腸のS細胞
働き:胃酸分泌抑制、膵液(重炭酸イオン)分泌促進

 

■コレシストキニン

分泌場所:小腸のI細胞
働き:胆のう収縮、膵液(消化酵素)分泌促進

 

 

また単純に丸暗記するだけでなく、
身体の構造を理解しながら解くのもオススメです。

 

消化管ホルモン_20150617

 

このように、構造や働きに合わせ、順を追って考えるとより理解が深まりますよ。

 

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー

SGS管理栄養士受験対策_速修コース

SGS管理栄養士受験対策_速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter