【人体】呼吸(吸気・呼気)

今回は人体から「呼吸(吸気・呼気)」について勉強します。

私たちはいつ何時も、“息を吸って・吐く”という“呼吸”をおこなっています。
息を吸うときを『吸気時(吸息運動)』といい、
息を吐くときを『呼気時(呼息運動)』といいます。

では始めに『吸気時』の動きについてみていきましょう。

吸気時には、
外肋間筋が収縮して、胸郭が上がる
横隔膜が収縮する
ことで肺が広がります。

このように肺が広がることで、肺に空気が入り込みます。
このとき胸腔内は、陰圧となります。

 
呼気、吸気

 

次に呼気時』の動きについてみていきましょう。

呼気時には、
内肋間筋が収縮して、胸郭が下がる
横隔膜が弛緩する
ことで肺が縮みます。

このように肺が縮むことで、肺から空気が押し出されます。
このとき胸腔内は、陽圧となります。

国家試験では吸気時、呼気時の横隔膜の動きなどについて問われます。

呼吸をするときの肺の動きをイメージしながら解くようにしましょう。

 

 

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter