SGSブログ

【基礎】アロステリック調節

生体内のほとんどの化学反応は、酵素と呼ばれるたんぱく質によって触媒されています。 ヒトが生きていくために欠かすことのできない酵素ですが、 これらが “ 働く ” “ 働かない ” の調節には、「リン酸化と脱リン酸化」や「アロステリック調 ...

アロステリック促進_160831

【基礎】ホロ酵素

今回は基礎栄養学から「ホロ酵素」について勉強します。   酵素の中には、単独では酵素活性を示さない(働けない)ものがあります。 この単独では酵素活性を示さない酵素を「アポ酵素」といいます。 アポ酵素が酵素活性を ...

【食べ物】レチノール活性当量

今日は、食べ物と健康から「レチノール活性当量」について勉強します。   「レチノール活性当量」には、“食品中のビタミンAを計算によって求めた”という意味があり、 ≪計算式:レチノール活性当量(ビタミンA)=①レチ ...

【食べ物】水分活性

食べ物と健康から、水分活性について勉強します。 水分活性を理解するためには、 食品中の水分である結合水と自由水について理解することが必要となってきます。 結合水と自由水 食品中の水分は、結合水と自由水に分類することができます。 ...

結合水_自由水_160810

【人体】血液

今回は、人体の構造と機能から「血液」について勉強します。   私たちの体の中を巡っている液体=血液です。 血液は、ガス(酸素や二酸化炭素)・栄養素の運搬や、病原体の攻撃、ケガをしたときの止血など、人が生きていく上で欠くこ ...

血液の成分1_20160803

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter