SGSブログ

【人体】消化管ホルモン

今回は「人体の構造と機能」から、消化管ホルモンについて勉強します。 非常に種類の多いホルモンですが、消化管ホルモンに限定してもかなりの数が存在します。 消化管ホルモンは出題頻度の高い項目ですから、しっかり整理しておきましょう。 ...

消化管ホルモン_20150617

【人体】上皮組織

今回は、「上皮組織」について学んでいきます。 「上皮組織」とは、体表面や体腔などの内面を“覆う”役割のある組織であり、 保護、吸収、ろ過、分泌などに関わっています。 上皮組織は、それぞれの働きをするにあたり、最も適した組織の形 ...

01上皮組織_20170719

【人体】レニン・アンギオテンシン系

体温、血糖、血圧など、 私たちのからだには、体の内部の状態を一定に保とうとする“恒常性(ホメオスタシス)”が備わっています。 例えば「血圧」で言うなら、 血圧が一定範囲よりも上昇すれば、からだは血圧を下げようとし、 血圧が一定範 ...

レニンアンギオテンシン系03_17022

【人体】膵臓から分泌されるホルモン

今回は、人体から「膵臓から分泌されるホルモン」について勉強します。 膵臓から分泌されるホルモンは、主に3つあります。 「グルカゴン」、「インスリン」、「ソマトスタチン」です。 では、この3つのホルモンの働きについて詳しくみてい ...

【人体】腫瘍

今回は、人体の構造と機能から「腫瘍」ついて勉強します。   腫瘍は、「身体の細胞が自律性をもって、無目的かつ過剰に増殖するもの」と定義されます。 悪性と良性に分けられ、通常は、悪性のものをがんといいます。 ...

【人体】炎症

今回は、人体の構造と機能から、炎症ついて勉強します。 私たちがケガをしたり病気に罹ると、傷ついた場所が赤く腫れたり、熱が出たりしますよね。これが炎症です。 炎症は定義が決まっていたり、急性炎症と慢性炎症の違いがあったりするので、 ...

急性炎症_慢性炎症_161102

【人体】血液

今回は、人体の構造と機能から「血液」について勉強します。   私たちの体の中を巡っている液体=血液です。 血液は、ガス(酸素や二酸化炭素)・栄養素の運搬や、病原体の攻撃、ケガをしたときの止血など、人が生きていく上で欠くこ ...

血液の成分1_20160803

【人体】呼吸(吸気・呼気)

今回は人体から「呼吸(吸気・呼気)」について勉強します。 私たちはいつ何時も、“息を吸って・吐く”という“呼吸”をおこなっています。 息を吸うときを『吸気時(吸息運動)』といい、 息を吐くときを『呼気時(呼息運動)』といいます。 ...

【人体】細胞小器官

今日は、人体の構造と機能から「細胞小器官」について勉強します。 細胞は、細胞膜に囲まれていて、その中には核と細胞質があります。 この細胞質部分には、「細胞小器官」と呼ばれるものが存在しています。   国家試験で ...

細胞小器官_160420

【人体】骨

今回は、人体の構造と機能から「骨」について勉強します。 国家試験では、骨の構造や代謝変化について出題されますので、 しっかり整理しておきましょう。   無機質成分と有機質成分 骨といえばカルシウムですが、 ...

骨形成_骨吸収_骨芽細胞_破骨細胞_160413

管理栄養士受験対策セミナー

管理栄養士受験対策セミナー

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter