【社会】特定健康診査

今回は社会・環境と健康から「特定健康診査」について勉強します。

特定健康診査は、近年増加傾向にある内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した健康診査です。

この取り組みの最終的な目的は、糖尿病などの生活習慣病および予備軍を減少させることなのですが、
それを達成するためには、保健指導を必要とする者を抽出する必要があります。

ではまず、保健指導対象者の選定と階層化についてみていきましょう。

特定健康診査①

 

特定健康診査②

ステップ1

腹囲とBMIによって内臓脂肪蓄積のリスクを判定します。
腹囲:男性≧85cm、女性≧90cm
腹囲:男性<85cm、女性<90cmかつBMI≧25

ステップ2

血糖、脂質、血圧、喫煙歴の結果から、リスク要因の数に応じて3つのランクに分けます。

血糖
・空腹時血糖:100mg/dL以上
・HbA1c:5.6%以上
・薬剤治療を受けている場合(質問票より)

脂質
・中性脂肪:150mg/dL以上
・HDLコレステロール:40mg/dL未満
・薬剤治療を受けている場合(質問票より)

血圧
・収縮期130mmHg以上
・拡張期85mmHg以上
・薬剤治療を受けている場合(質問票より)

④質問票
喫煙歴あり(①~③のリスクが1つ以上の場合のみカウント)

以上ステップ1、2から保健指導レベルをグループ分けします。

ステップ1で腹囲:男性≧85cm、女性≧90cmに該当し、
ステップ2の①~④のリスクのうち追加リスクが
・2以上の対象者 ⇒ 積極的支援レベル
・1の対象者   ⇒ 動機づけ支援レベル
・0の対象者   ⇒ 情報提供レベル

ステップ1で腹囲:男性<85cm、女性<90cmかつBMI≧25に該当し、
ステップ2の①~④のリスクのうち追加リスクが
・3以上の対象者   ⇒ 積極的支援レベル
・1または2の対象者 ⇒ 動機づけ支援レベル
・0の対象者     ⇒ 情報提供レベル

となります。

ただし、服薬中の者については、医療保険者による特定指導を対象となりません。
また、前期高齢者(65歳以上75歳未満)については、積極的支援となった場合でも
動機づけ支援とします。

このようにリスクに応じて情報提供レベル」「動機づけ支援レベル」「積極的支援レベルとグループ分けをし、必要度に応じた保健指導を行います。

 

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー

管理栄養士国家試験の傾向と対策

管理栄養士国家試験の傾向と対策

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter