【給食】委託

給食経営管理論から「業務委託」について勉強します。

従来は、企業や施設が直接、給食業務の管理を行う“直営方式”が多かったのですが、

近年は、コストダウンの観点から、給食業務の管理を外部に“委託”する施設が増えてきています。

 

業務を委託するにあたり、

企業や施設の最終的責任の下で、第三者に給食業務の管理を“委託”することができる

ということを忘れてはいけません。

 

その上で、業務を委託することになるのですが、全ての業務が委託できるわけではありません。

委託側(施設側)が自ら実施しなければならない業務と、委託可能な業務があります。

この区別は各施設により異なります。

 

委託可能な業務は多岐にわたりますので、こちらを覚えようとすると大変です。

委託できない業務”を確認しましょう。

 

委託_151202

 

■病院給食:委託できない業務

・献立作成基準の作成
・献立表や衛生管理等の最終的な確認

ベース(基礎)となるもの、最終的な確認が委託不可となります。

 

■保育所給食:委託できない業務

検食の実施

 

■学校給食:委託できない業務

献立表の作成
食材料費の管理

 

各施設の“委託できない業務”をしっかりと区別しておきましょう。

 

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

管理栄養士受験対策セミナー

管理栄養士受験対策セミナー

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter