【社会】健康づくりのための身体活動基準2013

社会・環境と健康の『健康づくりのための身体活動基準2013』について勉強しましょう。
健康づくりのための身体活動基準2013とは、
ライフステージに応じた健康づくりのための身体活動生活活動運動)を推進することで、
健康を目指そう!という運動です。
まずは、『健康づくりのための身体活動基準2013』に出てくる用語の確認をしましょう。

 

 

■身体活動の定義

 

   ①身体活動 = ②生活活動 + ③運動   

 ①身体活動 
身体活動は、安静にしている時よりも多くのエネルギーを消費する全ての動きをいい、「生活活動」と「運動」に分けられます。

 

 ②生活活動 
生活活動は、日常生活における労働、家事、通勤・通学などの身体活動をいいます。

 

 ③運動 
運動は、スポーツ等の、特に体力の維持・向上を目的として計画的・意図的に実施し、継続性のある身体活動をいいます。

これら身体活動ですが、
・単なる歩行と、激しい運動
・短時間の身体活動と、長時間の身体活動
消費されるエネルギーは全く違います。

そこで、身体活動の強度、身体活動の量を示す単位が設けられています。

 

 

■身体活動の強度と量

 

 ○メッツ(Mets) 
メッツは、身体活動におけるエネルギー消費量を座位安静時代謝量で除したものであり、身体活動の強度を示します。

例)座って安静にしている状態:1メッツ
普通歩行:3メッツ

 

 ○メッツ・時 
メッツ・時は、運動強度の指数であるメッツ運動時間を乗じたものであり、身体活動の量を示します。
したがって、身体活動によるエネルギー消費量を求めたい場合、メッツ・時が用いられます。

例)バスケットボール(6メッツ)30分の運動量
6メッツ×0.5(時間)=3メッツ・時

 

これらの指標を用いて、健康づくりのための身体活動基準が定められています。

 

■身体活動基準

身体活動の基準_0401

 

是非、基準値もおさえておきましょう!

 

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー

SGS管理栄養士受験対策_速修コース

SGS管理栄養士受験対策_速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter