管理栄養士受験対策講座38年の実績

管理栄養士国家試験_点数が上がるのはいつ?

みなさん、お鍋の水を沸騰させようと思ったら、どうしますか?

正解は・・・火にかけます。

では、沸騰する時の様子を思い出してみてください。火を点けていても沸騰するまで時間はかかるし、沸騰するまで見た目に大きな変化はありません。

しかし、あるタイミングで一気に沸騰して、ボコボコと泡が立ちますよね。沸騰_140624

試験の点数の伸び方は、お鍋の水が沸騰するのと似ていると思います。

仮に勉強した時間と点数の伸び方が比例しているとすれば、勉強はとても面白いですよね。

理想的な点数_140624

↑こんな感じに点数が伸びていくと、勉強して良かった!という達成感も得やすいかもしれないですね。

しかし、現実問題として、なかなかそう上手くはいきません。

誰もが経験したことがあると思うのですが、勉強したのに点数が伸びなかったというパターンです。

ただ、ここで諦めてしまうと絶対に点数は伸びません。

実は、勉強して点数が伸びた人の点数の上がり方は、こんな感じになります。

点数の伸び方_140624

このように、あるタイミングで急に点数が伸び始めます。

つまり、点数が伸びるまでに時間はかかるけれど、一気に点数が上がるのです。

諦めた_140624

もし、このタイミングで勉強をやめてしまっていたら・・・もったいないですよね。

水を沸騰させるには、強火である必要はありません。

いくら強火でも途中で火を止めてしまうと、絶対に沸騰しません

火を点ける→止める→点ける→止める・・・と繰り返すのではなく、火を点け続けることが大切です。

弱火で構いません。火を点け続けていれば、いつか必ず沸騰します

早めに火をつければ、それだけ沸騰する時期も早く訪れます。

国家試験の勉強も、お鍋の水を沸騰させるのも同じなのです。続けてさえいれば、見た目(点数)に変化はなくても、水の温度(実力)は上がっています

早めに勉強を開始、継続して、点数の上がるタイミングまで到達しましょう。

第33回管理栄養士国家試験_資料請求

第33回管理栄養士国家試験_資料請求
  • Facebook
  • Twitter