【応用】乳幼児期の身体変化

今回は応用栄養学から、乳幼児期の身体変化について解説をしていきます。
長い人生の中で、最も身体的な変化が大きい時期が乳幼児期です。

国家試験では、出生時とその後の成長について問われますので、
しっかり整理しておきましょう。

身長と体重

乳幼児期の身体変化_170412

身長は、出生時には約50cm程度ですが、
最初の1年間でなんと約25cmも伸びます。

その後、身長の伸びは緩やかになりますが、
4歳頃には出生時の2倍の約100cmまで成長します。

 

体重も身長と同様に、生まれてからの1年間の増加量が非常に大きいです。

具体的には、出生時に約3kgだった体重が、1歳には3倍の約9kgとなります。
つまり、1歳になるまでの1年間で約6kgも増えることになるんですね。

 

頭囲と胸囲

身長や体重ももちろん大切ですが、
頭の大きさ(頭囲)や、胸回りの大きさ(胸囲)も
乳児の栄養状態を判定するのに、欠かすことのできない指標といえます。

生まれたばかりの乳児の場合、頭囲の方が、胸囲よりも大きいです。
大人と比べると、バランスが悪そうな感じに見えますよね。

ただそれも最初のうちだけで、
頭囲も胸囲も月日が経つごとに徐々に大きくなり、
1歳には頭囲と胸囲は同じ大きさに、
そしてその後は胸囲の方が、頭囲よりも大きくなります。

ちなみに、もし胸囲がなかなか大きくならない場合は、
栄養状態に問題がある可能性があります。

 

大泉門と小泉門

大泉門と小泉門_170412

新生児の頭蓋骨にはスキマがあり、これを大泉門と小泉門といいます
これは生まれてくるときに、頭を変形させて、
お母さんの産道を通りやすくするための工夫です。

ただ、生まれてからはこのスキマは不要となりますので、
成長とともに徐々に塞がっていきます。
小泉門は生後6ヵ月頃に、大泉門は生後1歳6ヵ月頃閉鎖します。

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter