【臨床】脂質異常症

今回は、臨床栄養学から「脂質異常症」について勉強します。

脂質異常症とは、血液中の脂質が基準範囲から外れることをいいます。

脂質異常症の診断基準

%e8%84%82%e8%b3%aa%e7%95%b0%e5%b8%b8%e7%97%87%e3%81%ae%e8%a8%ba%e6%96%ad%e5%9f%ba%e6%ba%96

・血清LDLコレステロール値140mg/dL以上
・血清HDLコレステロール値40mg/dL未満
・血清トリグリセリド値150mg/dL以上
このいずれかに該当すると脂質異常症と診断されます。

脂質異常症は動脈硬化を引き起こす要因となりますので、
これを改善し、動脈硬化を予防するための食事療法について、続いて確認していきましょう。

%e5%8b%95%e8%84%88%e7%a1%ac%e5%8c%96%e6%80%a7%e7%96%be%e6%82%a3%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e7%99%82%e6%b3%95

●エネルギー摂取量と身体活動量を考慮して標準体重{身長(m)2×22}を維持する
●脂肪エネルギー比率:20~25%、飽和脂肪酸:4.5%以上7%未満、コレステロール摂取量:200mg/日未満
n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取を増やす
●炭水化物エネルギー比率:50~60%、食物繊維の摂取を増やす
●食塩の摂取:6g/日未満
●アルコール摂取量:25g/日以下

魚油に多く含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸は、血中中性脂肪の低下作用、血圧低下作用などがあります。

危険因子を改善する食事療法

高LDLコレステロール血症の場合
・飽和脂肪酸エネルギー比率:7%未満
・コレステロール摂取量:200mg/日未満
・LDLコレステロール低下作用を有する食品(水溶性食物繊維、植物ステロール)の摂取を増やす

高トリグリセリド血症の場合
・炭水化物エネルギー比をやや低めとする
・アルコールの過剰摂取を制限する
※高キロミクロン血症の場合は、脂肪エネルギー比率:15%以下とし、中鎖脂肪酸、n-3系多価不飽和脂肪酸を主として用いる

低HDLコレステロール血症の場合
・トランス不飽和脂肪酸およびn-6多価不飽和脂肪酸の過剰摂取を制限する

また、運動により血中脂質が改善する他、血圧低下、インスリン抵抗性の改善などがみられます。

食事療法や運動療法など食生活の改善を図り、
脂質異常症を改善することが、動脈硬化の予防につながります。

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter