【基礎】ホロ酵素

今回は基礎栄養学から「ホロ酵素」について勉強します。

 

酵素の中には、単独では酵素活性を示さない(働けない)ものがあります。
この単独では酵素活性を示さない酵素を「アポ酵素」といいます。

アポ酵素が酵素活性を有するには、補助因子と結合し、「ホロ酵素」になる必要があります。

ホロ酵素
では、アポ酵素と補助因子についてもう少し詳しくみていきましょう。

アポ酵素

アポ酵素とは補助因子を必要とする酵素をいい、
単独では酵素活性を示しません。

 

補助因子

補助因子は、補酵素と補欠分子族の2つに分けられます。

補酵素酵素と可逆的な結合をする(くっついたり、離れたりすることができる)
補欠分子族酵素と不可逆的な結合をする(一度くっついたら離れない)

という違いがあります。

 

 
アポ酵素と補助因子が結合してホロ酵素となり、
アポ酵素は、単独で酵素活性を示さない。

という点は必ずおさえておきましょう。

 

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter