【基礎】脂質の消化

今回は「脂質の消化」について。

まずは、脂質(トリアシルグリセロール)を食べた後をイメージしていきましょう。

 

 <口・胃> 
口や胃は、脂質の消化酵素をほとんど含みません。
脂質を分解することはできないため、そのまま通過します。

 

 <小腸>※小腸は、胆のう・膵臓とつながっています。 

①胆のうから胆汁酸が分泌され、トリアシルグリセロールを乳化し、消化する準備をします。
脂質の乳化消化_20150701

 

②乳化されたトリアシルグリセロールは、膵臓から分泌されるリパーゼにより、モノアシルグリセロール2つの脂肪酸に分解されます。
リパーゼ_20150701

この小さくなった形で小腸内に取り込まれます。

 

③取り込まれたモノアシルグリセロールは、再度、脂肪酸と結合しトリアシルグリセロールになります。
TG再合成_20150701

 

④血液は“水”です。
“油”であるトリアシルグリセロールは、そのままの状態では“水”の中を移動することができませんので、
キロミクロン」の状態になります。
キロミクロン_20150701

 

こうして脂質は体内に取り込まれ、脂肪組織に貯えられるのですね!

 

ヒトの体の中、さらには脂質の形態をイメージすることで、
難しい内容も理解しやすくなります。
繰り返し、イメージ付けを行ってきましょう。

 

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

[管理栄養士対象]SGS総合栄養学セミナー

SGS速修コース

SGS速修コース

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter