管理栄養士受験対策講座38年の実績

国家試験解説会◆開催中_ガイドライン変更について

SGSでは先週末、東京、大阪にて国家試験解説会を開催いたしました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

国家試験解説会_20150421

 

解説会では、

  • 第29回国家試験の重要問題の解説
  • 国家試験出題基準(ガイドライン)の変更点

についてお話をしました。

今週末4月26日(日)は、福岡会場にて開催いたします。
気になる方は是非ご参加下さい。
詳細はこちらから↓

国家試験解説会

 

解説会にて、皆さんが気になっていらっしゃたのは、
やはりガイドラインの変更についてでした。

今回の変更点のポイントは、

  • 出題数の配分の変更
  • 応用力試験等の出題形式の変更
  • 新たな法律・制度を反映した出題項目への変更

となります。

解説会でお話した一部を、ピックアップしてお伝えいたしますね。

 

 

■出題数の配分が変わります!■

応用力試験の問題数が倍増します。

総出題数については、変わらず200問ですが、

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学

の一部が、応用力試験に移行します。

 

 

■応用力試験等の出題形式に、新たな形式が加わります!■

応用力試験等では、
最も適切なのはどれか。
この出題形式が加わります。

 

 

■新たな法律・制度を反映した出題項目に変わります!■

今年度より、

  • New食品表示法
  • 食事摂取基準(2015年版)

など、新たな法律の施行、制度の改正が行われます。
これらを反映した出題基準となっています。

 

 

応用力試験の出題数が倍増した分、「難しくなった…」という印象を受けやすくなりますね。
独学では“応用力”を身に付けることは、なかなか難しいものです。
是非、SGSで効率良く勉強し、合格を目指しましょう!

会場でお会いした皆様、再びセミナーでお会いできることを楽しみにしております。

第33回管理栄養士国家試験_SGS無料資料請求

第33回管理栄養士国家試験_SGS無料資料請求

SGS総合栄養学セミナー

SGS総合栄養学セミナー
  • Facebook
  • Twitter